トリキュラーってご存知ですか?トリキュラーとは低用量避妊ピルの一つで、避妊効果があるのはもちろんですが、他にも女性には嬉しい作用もあります!これから具体的にご紹介します。

  • ホーム
  • 更年期障害を改善するトリキュラーの成分とは

更年期障害を改善するトリキュラーの成分とは

微笑む女性

トリキュラーは避妊のための薬だと思われがちですが、40代後半ごろから起こってくる更年期障害を改善する効果もあると言われています。
更年期障害は体内の女性ホルモンの分泌量が減少してしまったことが原因でほてりやのぼせ、うつのような症状、倦怠感、イライラなど心身ともに様々な症状が起こってきます。
それだけ女性ホルモンが人間が生きていくうえで様々な働きをしているということです。
あまりにも症状が悪化してしまうとホルモン補充治療なども行われますが、症状が軽度の人や更年期に差し掛かったあたりの40代前半~後半にかけての人は不足してしまった女性ホルモンをトリキュラーで摂りいれることで体調が安定し、更年期障害をソフトランディングすることもできると言われているのです。
トリキュラーに配合されている成分はレボノルゲストレルという黄体ホルモンです。
特徴としてはホルモンの配合量が3段階に分かれており、飲み始めの頃はほとんど不要な黄体ホルモンを避妊効果を得ることができる限り極限まで少なくしていることで、1シート分に含まれている黄体ホルモンの総量を軽減することができています。
人間の自然なホルモン分泌量に近づいているので、不正出血や吐き気や嘔吐、胸の張り、むくみといった副作用も起きづらいと言われています。
トリキュラーを飲む際にはきちんと決められた順番どおりに飲み進めていくことが重要です。
錠剤によって女性ホルモンのバランスが大きく変化してしまうこともあるため、間違えた順番で飲むと不正出血が起こりやすくなってしまったり、ホルモンの血中濃度が日によって大きく変化するので、更年期のデリケートな女性の体調にも影響を与えてしまう可能性があります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ