トリキュラーってご存知ですか?トリキュラーとは低用量避妊ピルの一つで、避妊効果があるのはもちろんですが、他にも女性には嬉しい作用もあります!これから具体的にご紹介します。

  • ホーム
  • トリキュラーは日本人に合ったピル?

トリキュラーは日本人に合ったピル?

笑っている女性

トリキュラーは、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと卵胞ホルモンというふたつのホルモンを配合した経口避妊薬で、卵胞ホルモンの配合量が従来のものよりも少ない、いわゆる低用量ピルとよばれるものにあたります。
日本人の場合には、体型的に欧米人よりも華奢であるため、あまりにも卵胞ホルモンなどの配合量が多いと、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、頭痛などといった、不快な副作用が起きる可能性が大きいのです。
しかし、低用量ピルであれば、もともと卵胞ホルモンの配合量が少ないため、こうした副作用についても、かなり軽減されています。
それにくわえて、トリキュラーの場合には、三相性とよばれる種類に属していて、これはピルを飲み始めてからの日数に応じて、微妙に卵胞ホルモンの配合量を錠剤ごとに変えているため、避妊目的での効率性がよく、さらに卵胞ホルモンの配合量が少なくなっているのです。
こうしたことから、トリキュラーというのは、日本人女性にとってもっとも合った低用量ピルということができるでしょう。
トリキュラーは、飲み忘れさえなければ、ほぼ確実ともいえるくらいの避妊の効果を発揮でき、しかも男性の協力を得なくても、女性の側の意志だけで避妊ができるというところに大きなメリットがあるといえます。
トリキュラーには21錠入りのものと、28錠入りのものの、両方がありますが、21錠入りのものに関しては、毎日飲みつづけるのではなく、最後の7日分は飲むのを休む期間があります。
その後はふたたび別のシートの錠剤を飲むというかたちになりますので、くれぐれも飲み忘れがないように注意しなければなりません。
飲み忘れが心配という場合には、毎日飲むタイプの28錠入りを選択しておくのが無難といえるでしょう。
トリキュラーの通販サイトで病院処方より安く入手しているという女性も増えているでしょう。
医薬品の通販は海外の製品を個人輸入する方法になりますが、個人輸入代行してくれる通販サイトを使えば洋服を買うような通販と何ら変わりありません。
もちろん初めてピルを使う場合は病院処方で入手するべきですが、同じピルであれば通販で買うのも問題はありません。
継続的にピルを利用するのではれば使用経験のあるピルは通販で買うのが経済的でしょう。
しかし、医師を通さない分自己責任ですから、成分量が服用したことのあるピルと同じかどうか間違えないように注文することが大切です。 服用するときも、飲み方には注意し、勝手な判断で服用量を多くするなどの行為は危険ですのでやめましょう。 数ある個人輸入代行業者の中でも運営期間が長く老舗の業者を選択すれば間違いありません。
多くの口コミも掲載されているはずなので、そちらもチェックしてみましょう。

トリキュラーの値段をチェック

個人輸入代行の通販サイトで実際に商品を見てみましょう。
トリキュラー通販ならネット総合病院がお得

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ